2020.1.19(日)【東京】地域連携「山梨モデル」とはなにか?


厚生労働省依存症民間団体支援助成事業

都道府県別基本計画策定その前に!

効果的なギャンブル依存症対策とは? ~地域連携「山梨モデル」とは何か~

国の「ギャンブル等依存症対策基本計画」がまとめられ、いよいよと都道府県で基本計画を策定することとなりました。
ギャンブル等依存症対策は、現在支援の地域格差が非常に大きくなっています。
日本全国どこにいっても、ギャンブル依存症に苦しむ人たちが救われるにはどうしたらよいのか?
今回は、地域連携が進んでいるケースをご紹介し、本当に必要なギャンブル依存症対策とは何か?についてご紹介させて頂きたいと思います。
どなたでもご参加いただけます。

東京・日程

【日時】
2020年1 月19日(日)
13:30開場
14:00~16:30

【会場】
日比谷記念ホール
SEMINAR ROOM
〒136-0076
東京都江東区南砂2-1-12
東陽町スクウェアビル8F
地下鉄東京メトロ東西線東陽町駅から徒歩3分

【参加無料・予約不要】

【スケジュール】
①講演 14:00~14:50
「山梨モデルとは?」
池田文隆
一般社団法人グレイス・ロード甲斐サポートセンター
統括センター長
佐賀大学経済学部卒業。元警察官。
ギャンブル依存症で人生が破綻するも、グレイス・ロードの回復プログラムで救われた経験を活かし、ギャンブル依存症の回復支援に携わる。

②講演 14:50~15:40
「地域連携の好事例と家族支援のあり方」
田中紀子
公益社団法人ギャンブル依存症問題を考える会代表
祖父・父・夫がギャンブル依存症という三代目ギャンブラーの妻。
自身もギャンブルと買い物依存症からの回復者。
著書に「三代目ギャン妻の物語」(高文研)
「ギャンブル依存症」(角川新書)。

③体験談 15:40~16:10
「絶望からの脱出!地域の人に助けられ今がある」
高知東生氏
俳優
現在、薬物の専門病院で回復を続け依存症問題の啓発に取り組んでいる。

 

④質疑応答 16:10~16:30

※プログラムは予告なく変更となる場合があります。

【お問合せ先】
公益社団法人ギャンブル依存症問題を考える会
(代)03-3555-1725(担当 田中)

一般社団法人グレイス・ロード
055-242-8001(担当 植竹)
​【山梨モデル・東京セミナー.pdf】

 

PAGE TOP