啓発パンフレット

ギャンブル依存症の啓発・予防に携わる教育関係、行政・福祉関係の方々にご活用いただきたく作成いたしました。郵送料(着払い)をご負担いただければ冊子本体は無料です。お申込みは下記のフォームからお願いいたします。

「知ろう!ギャンブル依存症」(マンガ+教本)

大学生のカケルとキョーコが依存症に気づき回復していく物語。マンガでわかりやすく学べます。大学生のオリエンテーションや高校生の依存症教室、成人式での配布など、ぜひご活用ください。

うちの親はギャンブル依存症(冊子)

かつてギャンブル依存症者の子供だった「私たち」の体験談集です。お子さんに親の依存症をどう説明していいか、わからないという方、支援職の方などにおすすめです。

「ギャンブル等の理由で起こった事件簿(平成版)」 (冊子・pdf)

かつてギャンブル依存症者の子供だった「私たち」の体験談集です。お子さんに親の依存症をどう説明していいか、わからないという方、支援職の方などにおすすめです。

「知ろう!ギャンブル依存症」
「ギャンブル等の理由で起こった事件簿(平成版)」
「うちの親はギャンブル依存症」
の冊子本体は無料です。

送料の着払いのご協力をいただける方はお願いいたします。
お申し込みは下記よりご連絡ください。

動画

「ギャンブル依存症家族の物語(ギャン妻コメディ版)」 (14:09)

ある日、夫のギャンブル依存症が発覚したら!? 家族の心得をコメディ調でわかりやすく解説!

「ギャンブル依存症啓発ムービー ~自助グループ編~」 (4:29)

精神科医にギャンブル依存症と診断された夫とその妻が、自助グループに参加し再生していく物語。

映画「微熱」~予告編~ (1:29)

ギャンブル依存症と機能不全家族、子ども虐待という現代日本社会の闇にあえて光を当て、家族とは何か、子どもの幸せとは何かを世に問う寓話。監督・脚本・編集小澤雅人。(本編は30分)

「DAMAGE DONE」日本語字幕付き (14:47)

アメリカ・ネバダ州のギャンブル依存症支援団体から届いた「家族」向けの啓発ムービーです。
なにげない日常のなかに、ギャンブル依存症の家族が感じる苦しみがリアルに描かれています。

「GIVEN THE CHANCE」 (14:31)

アメリカ・ネバダ州のギャンブル依存症支援団体から届いた「未成年者」向けの啓発ムービーです。
学生でありながら賭けポーカーにハマり、友だちとの関係も悪化。やり直すチャンスが欲しい。でもやめられない。そんな「未成年のギャンブリング」問題が描かれています。

LINEサービス(無料)

もしかしたらギャンブル依存症かも…と気になったときのセルフチェック、依存症の知識、相談機関など、いつでも手軽に学んだり調べたりできます。

詳しくはこちら

ポスター(無料)

ギャンブル依存症を啓発するポスターを作成しました。ダウンロードしてご自由にお使いください。

体験談

体験談には、GA・ギャマノンといった自助グループ名が出てきますが、これら自助グループと当会は一切関係はございません。但し、依存症からの回復には依存症者及びその家族、双方が自助グループに通うことがもっとも効果的な方法と言われており、当会でも推奨しております。

依存症者本人の体験談

自分の人生が、ギャンブルの問題のために破たんしていてもやめることができない・・・そんな残酷な病気、それがギャンブル依存症です。治療につながり新しい人生を歩んでいく体験を語っていただきました。

Vol.1 「ギャンブルが止められなくて」 Kさん(アノニマスネーム)

こちらから

Vol.2 「回復に繋がって」   Tさん(アノニマスネーム)

こちらから

依存症の家族の体験談

ギャンブル依存症の周囲には、その何倍もの数の家族が問題に巻き込まれ苦しんでいます。家族のためのセルフケアグループや家族会など、支援の手につながることによって、当事者との適切な関わり方を学び、家族再生をめざしていく体験を語っていただきました。

Vol.1 「ギャンブル依存症のリアル」 田中紀子(考える会代表)

こちらから

Vol.2 「ギャンブラーの元夫と私」  K.H(アノニマスネーム)

こちらから

※アノニマス・ネーム(anonymous name)とは直訳すると「匿名の名前」となります。
自助グループに参加するときに使う、ニックネームやハンドルネームのようなものです。

 

PAGE TOP