「ギャンブル依存症」+「窃盗癖(クレプトマニア)」 家族相談会【​東京会場】

 近年、ギャンブル依存症から派生する、「窃盗」や「万引き」といった犯罪が問題になっておりますが、それは「ギャンブル依存症」だけでなく、もしかしたら「クレプトマニア」という別の症状が隠されているのかもしれません。
 公益社団法人ギャンブル依存症問題を考える会では、「ギャンブル依存症」と「窃盗癖(クレプトマニア)」の問題を抱えるご家族に向けて、月例相談会を都内で開催しております。
 誰にも話せなかった悩みをここで打ち明け、ご一緒に解決策を見つけ出しませんか?
 少人数制でこまやかに、ご質問や、不安な点にお答えし、共に家族の依存症の問題からの解決策をさがして参りたいと思います。
 どうぞ勇気ある一歩を踏み出してみて下さい。

【日程】
毎月第3木曜日 
午後1~3時

2018年
9月20日(木)
10月18日(木)
11月15日(木)
12月20日(木)

2019年
1月17日(木)
2月21日(木)
3月21日(木)

※完全予約制です。見学はお断りいたしております。
※秘密は厳守いたします。
※ご家族のみご参加頂けます。(当事者のご参加は応相談)
※日時が変更になる場合がありますので、ホームページでご確認下さい。

【会場】
ギャンブル依存症問題を考える会
事務局(1階)

東京都中央区新川1-21-5 茅場町タワー105
(セブンイレブン角を左折)

・地下鉄/日比谷線
「茅場町駅」4番出口より徒歩10分
・地下鉄/半蔵門線
「水天宮前駅」2番出口より徒歩10分

【参加費】2,000円

【講 師】 
当会代表 田中 紀子

【ご予約・お問合せ】
ご希望の相談会のお名前と日程をご連絡くださいませ。
(公社)ギャンブル依存症問題を考える会

TEL:070-4501-9625
Mail:info@gamblingaddiction.jp

【クレプトマニア診断基準(DSM-Ⅳ-TRより)】
1. 個人的に用いるためでもなく、金銭的価値のためでもなく、物を盗もうとする衝動に抵抗できなくなることが繰り返される。
2. 窃盗におよぶ直前に緊張の高まりがある。
3. 窃盗を犯すときの快感、満足、解放感を感じる。
4. 盗みは怒りまたは報復を表現するためではなく、妄想または幻覚に反応したものでもない。
5. 盗みは、行為障害、躁病エピソード、または反社会性人格障害ではうまく説明されない。

PAGE TOP